« 東京出張のお知らせ | トップページ | 季節病について »

2007年10月 7日 (日)

心の整体

 私はどこにも所属していませんし、一つのことを信仰してもいません。

だからなのか生きることの意味を持ちたいし、

持たないと揺れすぎて生きづらい。

それを考え続けることが、

生きることの大事な意味だとおもっています。

 

 あなたの生きることの意味はなんですか?

 自分は本当はなにがしたいのか。

なにが大事なのか。

どのような人生を送りたいのかという目指すべきものがないと、

事故や病気、ストレスで心と体が大きく揺れたとき

気持ちのバランスをとることは難しいものです。

 悩みや痛みが続いて苦しいとき、それになんの意味もないとしたら、

ただ我慢するだけの、つらい人生になるのではないでしょうか。
 

 その苦しさが、

人生において大事なことに気づくきっかけになるはずだと思ったほうが、

人生に意味を見いだせるのではないかと思うんです。
 

 今までの自分の考えを軌道修正して、

新たな思考の枠組みを作ることは難しいことです。

 しかし、現実に苦しさがあるのなら素直に認めて、

よりよく生きるための思考の冒険をしてみるのも楽しいものです。
 

 その時持っている力で最善を尽くし、

後は運命を受け入れるというのも

一つの方法ではないかとおもいます。
 

 人生は山あり谷あり。

私自身も心と体が揺れながら生きています。

 そしてその揺れのなかにこそ、

気づきや喜びが発見できることを信じています。 

それを伝えたくてこの仕事を続けているのかもしれません。

 心身統合整体師の仕事は、

痛みをとることだけが目的ではありません。

 それだけを目的にしたら、いずれ私もクライアントも行き詰まります。
 

 私の整体で、身体が楽になることによって心に余裕が生まれ、

それが気づきのきっかけとなり、治癒につながればとおもっています。

またそれが私にとっての生きることの意味となり、

お互い様の関係なのだとおもいます。
  

|

« 東京出張のお知らせ | トップページ | 季節病について »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事