« 感謝の東京と整体魂 | トップページ | 凝りや痛みを感じない人 »

2007年10月31日 (水)

人生の選択について

   自分が今の仕事を選んでいる。

自分が選んだ相手と生活を続けている。

あたりまえなんですけど、思い続けていないと忘れることでもあります。
 

選んでいる意識がないと、グチばっかりがついてでます。

会社のレベルが低いから自分の能力がだせない。

自分の旦那はつまらない男。 自分の妻は幼稚な女・・・などなど。 
 

配偶者を責め、見下す人だったら、

そのような配偶者と生活をしなければならない

自分の人間性レベルを責め、見下していることでもあります。
 

 ケンカし傷つきあいながらでも自分の弱さや相手の弱さを認め、

お互い成長していくのが理想の関係なんだろうとおもうんです。
 

どうしてもこの会社、この相手とは無理とわかれば、

別れることを選択することができるはずです。
 

なにも選択をせず、自分のことは棚に上げて延々とグチをこぼすと、

相手のせいにしたグチばっかりの世界にはまってしまいます。
 

そこに人生の喜びがあるのでしょうか。
 

自分が選んでいる意識を持つということは、

その相手を選んだ自分のレベルが思い知らされ、

言い逃れができない状態なので、

自分を追いつめ精神的にはつらくなります。 
 

ただ、そこから新しい自分が発見できる可能性を秘めてもいます。

一度自分の選択を見直してみてはいかがですか?

  

偉そうに話している私自身が忘れてしまいがちなことなので、

よりよい人生を生きるために、

絶えず自分に言い聞かせている言葉でもあるんです。
 

 

|

« 感謝の東京と整体魂 | トップページ | 凝りや痛みを感じない人 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事