« 冬の寒さが苦手な人 | トップページ | 心が弱いのではない »

2007年12月13日 (木)

二の腕がイライラ

 この3日間ぐらいのことです。

車を運転をすると、知っているはずの道を間違える。

ご飯はいつもより食べすぎている。

お酒は呑みすぎている。   

外出先で妻と待ち合わせるが上手く行かない。

やっていることがちぐはぐな気がします。
 

調子が悪いときは、嫌なことも呼び込む。

昨夜DVDの映画を借りたらディスクに障害があったため、

みることができなかった。

どれを借りるかそうとう悩み、カウンターまで行って、

急に気が変わって引き返して選んだディスクなのに。 
 
 

やり場のない怒りを抑えていたら、

右の二の腕がムズムズとうずき、痛み始めた。
 

そこで、ただのジローから心身統合整体師の冷静なジローに

モードを変え、からだとこころの変化を観察してみると、

どうも怒りの我慢から二の腕がうずき始めたのがわかった。

じゃないと急に二の腕がうずき始めるなんて、説明がつかない。
 

この数日の自分の行動を思い返してみると、

なにかイライラしていたことに気づいた。
 

イライラの原因はよくわからない。

無理に原因を探すより、今のイライラした状態をなくした方がいいと

思ったので、からだからアプローチすることにする。

まず、ムズムズする右の二の腕は、

左手でギュッと掴み地よい刺激を与える。

首を触ると、やっぱり硬くなっている。

妻に脳幹リリース療法のさわりを教えているので、首の矯正をしてもらう。

技術的にはまだまだだけど、

私が受けてとなっているかぎりは問題ない。

それに自分自身で矯正するよりは効果がある。
 

首が弛むと、次第に気持ちが落ち着き、呼吸が深くなっていた。

二の腕を確認すると、ムズムズは消えていた。
 

からだは常にメッセージを与えてくれているのだと、

あらためて自分の体で確信することができました。
 

ただし、ただのジローは痛いのはやっぱり嫌だと言ってます。

|

« 冬の寒さが苦手な人 | トップページ | 心が弱いのではない »

心と体」カテゴリの記事