« むずむず脚 治療法 | トップページ | 自分はどうせダメ »

2008年6月20日 (金)

行為と代償

 長時間労働して疲れ、ストレスを溜めて家に帰って、

「俺は家族のために働いているんだぞ」って居丈高になって

家族に接していたら、家族がバラバラになってしまった人がいました。

 反対に、キャリアを捨て、給料は半分になっても、

ゆとりの持てる仕事にあっさり転職した人がいました。

 その方の奥さんが、「車を一台処分すればいいだけですよ」と

言ってくれたので決断できたと仰っていました。

そして今は家族団らんを楽しんでいるとのことです。

 

  常に行為には代償があります。

一杯のコーヒーを飲むのだってお金はかかります。

私達はそのために働き、大切な時間を割いています。

どっちをとって、どっちをやめるかを自分で選んでいるのです。 
 

 私達は、ひとりひとりの限られた時間で生きています。
 

たいして欲しくないもののために、

その限られた大切な時間を使っていいのでしょうか? 
 

 行為と代償は、人間関係にも当てはまります。

こちらの人と会えば、こちらの人とは会えません。

だれと一緒にいたいのかを選ばないといけません。

 我々は、毎日選択しながら生きています。
 

なにを大事にしたいのかがないと、

行為がちぐはぐになるのは当たり前です。

その代償として今の自分があるのです。
 

自分にとっての大事なことを見つけることは、

人生で一番大切なことです。

|

« むずむず脚 治療法 | トップページ | 自分はどうせダメ »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事