« 老け顔は首が硬い | トップページ | 人生不公平 »

2008年7月25日 (金)

朝の首のこりは危険です

長時間のデスクワークや、車の運転の後の夕方にこるのは、

仕方ないことでもあります。

長時間、前かがみの悪い姿勢になって作業しているからです。

 
 頭が前へ倒れている姿勢は、体の横側から見た、

正規の背骨のラインから前方へでているので、

その分頭の重さを常に首の筋肉で支えていることになります。

だから仕事の終わり頃に、筋肉は疲労して当たり前です。

 そして、夜寝て、筋肉を休めたら、

こりや疲れは取れるはず?なんです。
 
 

 

、朝起きたときから首がこるのはなぜ危険かというと、

首の骨が歪んで、脳へ行く血管が圧迫を受けているからです。

 血流が悪くなり、首筋が張って、こりや頭重感、憂うつ、

倦怠感といった症状が朝から出始めます。 

脳の血液が循環していない状態です。

 こうなってくると、ただのこりではないと思ったほうがいいでしょう。

 
 血管が圧迫され負担がかかっている状態が続くと、

血流に圧がかかり、高血圧となります。

 最悪、脳の出血にもつながりかねません。
 

 

 最近西洋医学でも、

首の歪みが原因で脳卒中になる可能性があると言い始めています。

しかし首の凝りはや歪みは、薬ではとれないんです。
                                           

|

« 老け顔は首が硬い | トップページ | 人生不公平 »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事