« あきらめる強さ | トップページ | ジロー、クリスタルボウルざんまい »

2008年8月25日 (月)

肩こりの動作チェック

肩がこりやすい人は、知らず知らずのうちに、肩に余分な力が入っています。

朝起きて、肩がこっていませんか?

歯みがきをしている最中、肩によけいな力が入っていませんか?

ペンを持ったとき、必要以上に強く握りしめていませんか?

パソコンの操作をしている最中、肩が上がっていませんか?

試合前、肩の力は抜けていますか?

怒った後も、怒り肩がつづいていませんか?

嫌なことを思い出したとき、こめかみに力が入り肩は強張っていませんか?

   子どもの頃からの習慣で、

無意識に体に余分な力が入っているかもしれません。

肩がこりやすい人は、ひとつひとつの日頃の動作をチェックしてみてください。

 そして、寝る前に一度、体の力をぎゅっと入れて、ふっと抜いて、

リラックスできたのを確かめてから寝るようにします。

 パソコンの操作をしている最中は、ふっと肩下げてみる。

最初は慣れないので、違和感があるとおもいますが、

その力が抜けた状態が本来の自然体です。

日頃の動作に余分な力が入っていると、

それだけ疲労物質がたまりやすいので、筋張った筋肉になります。

そうなると悪循環、いっこうに肩こりは治らなくなります。

  肩の力を抜くことは、対人関係にも影響します。


力が入った強張った状態は、緊張を生むので、自分も相手も気疲れします。

逆にリラックスしていると、

自分も相手も肩の力が抜けて気楽に付き合えます。 

昔から「力を抜いて」と教えられているは、もっともなことなんですね。

|

« あきらめる強さ | トップページ | ジロー、クリスタルボウルざんまい »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事