« 高血圧と首のこり | トップページ | どの本を持っていきますか? »

2009年5月 2日 (土)

ちょっと変?な首調整師

  先日寝床で本読んでいると、

首の関節が変な角度ではまってしまった。

「あれっ動かないぞ、痛いかも」

そこで首をボキッと、おもいっきり鳴らしたらその場は治まったので、

そのまま寝ることにした。

 翌朝起きると、あれっ、首が痛いし動かない!

普通の人なら、イヤだ、どうしようとあせるのでしょうが、

普通の人じゃないワタシは、チャンスとおもうのです。(笑)

そう、自分で自分の首を矯正をできる、

またとないチャンスとなるわけです。

 

そして、今回は治す矯正ではなく、

もっと痛くなる悪い矯正をやってみようという気になったのです。 

 お風呂に入って首の筋肉を弛めた後、

首をボキボキ鳴らしたり、ストレッチで伸ばしたり、

頭をぐるぐる回したりと、派手にやったわけです。 

やっぱりその時は楽になりました。

でもやっぱり夕方には、泣きたいぐらい首が痛くなりました。(笑)

まさに教科書通りです。

 ただ、このまま痛いのはさすがにまずいとおもい、

今度は良い矯正をすることにしました。

まずは安静にして、アイスで何度も冷やすのです。

 痛みが取れてきたら、一定方向への弛緩と緊張の

筋エネルギー運動テクニックをくり返すと、7割方は治ります。
 

 なぜ痛い思いまでしてそこまでするの?

といった顔つきでワタシを見る妻。

腕を上げようと思ったら、

痛いおもいをしてでも自分の身体で覚えたほうがいいんです。

それに、痛い人の気持ち、少しでも理解できるようになれるでしょ。

|

« 高血圧と首のこり | トップページ | どの本を持っていきますか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事