« 腹わた感情 | トップページ | 忙しい自慢と暇 »

2009年6月20日 (土)

今話題の映画、レスラーと・・

木村拓哉主演と言うこともあって、

”アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン”は公開中の話題作だ。

  女性の映画評論家が、アジアとヨーロッパの美が溶け合った、

官能的で、とても色っぽい作品と、今のおすすめ映画として紹介していたので、

それなら映画館で見ておこうとおもって見に行ったのだ。

  正直に言うと、

血ばっかりでるし、ウジが這って気持ち悪いし、むごいし、

もう不快不快のオンパレードだった。

 見ていられなくて、目と耳を覆ってしまうほどだ。

いったいどこが色っぽいのだろうか?

私は気持ち悪くてなって吐き気がしたのに。

最期までこの映画の良さがわからなかった。

私の感性が鈍いのかなと思っていたら、どうも評判はいまいちらしい。

映画評論家も仕事だから、いろいろあってたいへんなんだろうな。

木村拓哉さんは好きな俳優だから、今後の活躍を期待しています。

 

  もうひとつの今話題の映画”レスラー”を見に行った。

ベネチア映画祭で最高賞を獲得した作品だ。

なにより驚いたのは主役のミッキー・ロークだ。

 私は、彼が世界で最もセクシーな男と言われた頃しか知らなかったから、

その容貌をみて、別人じゃないかと驚いた。

 映画の内容は、引退していた老レスラーが、

自分の居場所のリングに戻っていくといったありふれたストーリーなのだが、

ミッキー・ロークの人生とだぶって見てしまうので、

どんどん映画の世界に引き込まれた。

  最期の結末をどう感じとるかが、

この映画を好む好まないに別れるところだ。

男の哀愁や人生のせつなさを描いた、私の好きなタイプの映画だ。

|

« 腹わた感情 | トップページ | 忙しい自慢と暇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事