« 何もしなくていいのかも | トップページ | 東京出張整体予約受付10月3、4日 »

2009年9月 9日 (水)

奥田英朗の小説がおもしろい

 あまり小説は読まなくなった。

整体という仕事柄、心身に関する学術書の類が多い。

ただ、最近学術書を読むのがおっくうになってきている。

ちょっと厭きているのかも知れない。

 ホンネは読みたくないのに、

怠けてはいけないみたいな強迫観念になっているのだ。

 そこで気分を変えてみようと、書店で目に付いたのが奥田英朗の小説、

”イン・ザ・プール”。

精神科医が主人公で、彼のすっとぼけた言動がおもしろいのだ。

それでいて読み終わった後、なんか癒されている。

 シリーズになっていて、二作目は直木賞の”空中ブランコ”

三作目は”町長選挙”。

はやく四作目を出してほしいのだ。

 その他の小説”ウランバーなの森” ”最悪” ”邪魔” ”サウスバウンド”も、

あっと言う間に読み終えた。

こんなおもしろい小説を書く人がいるとは知らなかった。

そして自分の好きな作家が一人増えたことがなによりうれしい。

これでまた本屋に行くのが楽しみになったのだ。

|

« 何もしなくていいのかも | トップページ | 東京出張整体予約受付10月3、4日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事