« 私が強くなった理由 | トップページ | 拝啓、もたいまさこ様 »

2009年10月28日 (水)

嫌ってもいいんですよ

 本当は嫌いなのに、人を嫌ってはいけません。

なんて子どもの頃に受けた道徳教育のせいで、

自分の本当の心に気付かず、苦しんでいる人はけっこういます。

マジメな方なんです。

  私は、長く人間関係で苦しんでいるクライエントさんに言ってあげるんです。

「ハッキリ言ってその人のこと嫌いなんでしょ」

だいたいの人は、「そうなんです」と、心がスッとして楽になるようです。

代わりにわたしが心の代弁をしてあげただけです。

 嫌ってもいいじゃないですか。

嫌いなものは嫌いでしょうがないでしょ。

めちゃくちゃ嫌いなのに、あの人だっていいところがあるはずなんて、

自分の感情をごまかしたりすると、後で自分の心にはね返ってきますよ。

わざわざ無理して長所を探すくらいなんだから、

自分にとっての相手の方は、あまりいいところがないんです。

 それは相手の方が全部悪いんじゃなくて、「相性」です。

(本当に悪い人はいますけど)
 

だから自分とは相性が悪かったと思うようにしたほうが、

心の負担が減るとおもうんですね。
 

 ただ、その感情をあまり人前でべらべらと喋ると、

あなたが周りの人から軽く見られたり、

相手の耳に入って反撃されるかもしれないので、

愚痴はあなたの味方だけにとどめておいたほうが無難でしょうね。

 相性が悪いと認めたうえで、ケンカをせず、

如何に人間らしく付き合っていくかを考えたほうがいいとおもうんです。

 ケンカが悪いわけではありませんが、

私は嫌いな人とケンカする時間がもったいないとおもうようにしています。

昔はよく怒っていましたけど。笑   

今でも、怒っているかも。

(ぜんぜんダメじゃん)

|

« 私が強くなった理由 | トップページ | 拝啓、もたいまさこ様 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事