« 手が冷えるなで肩 | トップページ | 私の頭の中の消しゴム  »

2010年5月30日 (日)

目の奥が疲れる

  目のレンズのピント合わせをしているのが、

毛様体筋と言った水晶体を取り巻く筋肉です。

筋肉ですから酷使すれば疲れますし、逆に使わなければ衰えます。

 また、近くの物やパソコンの画面を休まず見ていると

目の神経(視神経)は疲れます。

毛様体筋にしても視神経にしても、働くためには栄養が必要です。

その栄養は血液によって運ばれてきます。

 心臓から送り出された血液は、

首の内頸動脈を通って脳に流れます。

その途中で目に行く動脈に分かれているのです。

ですから、首が歪んでいる人と正常な人とでは、

目に行く血液の循環が違うので、

同じ時間休んでも回復力が違ってくるのです。

 直接目のマッサージや蒸しタオルも

目の疲れを癒してくれるのですが、

首を調整すると、目の奥の血行をよくすることができるので

栄養が行き届き、より目の疲れが改善できます。

 そのためには、

お風呂を首まで浸かった後の、ストレッチがおすすめです。

それでも改善しない人は、

硬さや歪み具合によって体操を変える必要があります。

関連記事→目の疲れとイライラと肝臓

|

« 手が冷えるなで肩 | トップページ | 私の頭の中の消しゴム  »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事