« 上を向いたとき首が痛い | トップページ | 名古屋で首こり 肩こり 自律神経の乱れ »

2010年5月 4日 (火)

頭痛は首の関節が原因

頭痛持ちの7割は筋緊張性頭痛と見られています。

わかりやすく言うと、肩、首、頭部の筋肉が緊張するために起こる頭痛です。

原因として、もともと肩首が凝っていたり、デスクワーク等により無理な姿勢を続けた身体的ストレスのほか、不安や心配事、怒りなどの精神的ストレスも原因となるとされています。

   

痛み方の特徴として、

①頭を締め付けられるような圧迫感や、頭重感。

首筋から後頭部にかけての凝りや突っ張ったような痛み。

頭が重く、デスクワークの人は夕方の方が

 痛みがひどくなることが多い。

 

これらが当てはまるようでしたら

筋緊張性頭痛を疑ってみてください。

 

頭痛の対処法として、

頭痛薬かマッサージを受けられる人が多いとおもいます。

ただ、首の凝りの原因は、関節の歪みから来ていることがほとんどなので、歪みを調節して筋肉を弛めれば、より治療効果が高くなるでしょう。

セルフメンテナンスとして、お風呂は首まで浸かることと、首肩のストレッチをお勧めします。

一日の疲れをためないことがなにより大切です。

|

« 上を向いたとき首が痛い | トップページ | 名古屋で首こり 肩こり 自律神経の乱れ »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事