« 筋肉痛に肩凝りに寝違えた! | トップページ | 10月25日静岡県浜松市に出張整体 »

2010年10月18日 (月)

あいちトリエンナーレ2010

現代アートって何?の私でしたが、画家を夢見た妻に誘われて今回トリエンナーレではじめて現代アート展を見ました。

道路に寝っころがって無言で何かを訴える女性のフィルムや、お香で床一杯に名古屋のゲイバーの名前を書いて焚いていたり、理解不明なものもあったりと、なかなか刺激がありました。

現代アートは創作家の哲学をアートとして訴えているのだなと見ていて何となく分かったのですが、受け入れられるものと受け入れられないものとにはっきり別れますね。
だから今回のトリエンナーレの評価が人によってハッキリ別れるのはあたりまえなんでしょうね。

それと愛知芸術文化サンターと名古屋市美術館は音声ガイドがあったのでよかったのですが、長者町の美術館は音声ガイドを置いていないのはなぜなのでしょう?
音声ガイドかもしくはちょっとした説明文はあった方がいいですね。

作品を見て、あなたなりに感じてくださいでは、現代アートはわかりにくすぎる。と素人の私はおもいます。

一日に数カ所の美術館巡りをしたら、刺激が強かったのか寝付きが悪かったです。

マンネリ化した脳には心地よい刺激だったのでしょう。笑   

|

« 筋肉痛に肩凝りに寝違えた! | トップページ | 10月25日静岡県浜松市に出張整体 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事