« ストレッチをやりすぎて関節が | トップページ | 休養の意味 »

2011年4月 4日 (月)

自粛が心身の萎縮

東日本震災後、被災されていないクライアントさんの身体が萎縮しているように感じます。
そして精神的にも萎縮しているようです。

あるクライアントさんは言いました。「元気でいたり明るい顔をしていたら悪いような気がするし、他人にどう見られるかわからないし」

多分多くの方が、似たような気持ちになっているとおもいます。
ただ、被災された方に元気だしてくださいなんて軽々しく言えませんが、被災していないのなら元気だしていきましょうよ。元気があるものが元気だしていかないと、日本全体が暗い空気に覆われて潰れてしまいます。元気があるものが日本を引っ張っていきましょうよ。

消費活動していはいけないみたいな自粛をするより、消費活動をして、おつりを募金箱に入れるほうがよっぽど被災地のためになるとおもいます。もしくは売り上げの一部を被災地の支援金とする企業の商品を購入してもいいのではありませんか。いまこそ消費しないと中小企業は持ちません。そうなると被災地の復興どころではなくなります。べつに浮かれる必要はありませんが、萎縮する必要もないとおもいます。

あるクライアントさんは、「ジロー先生が元気なのを見て、元気でいていいんだと思えるようになりました」と言われました。

そう、私は暗くエネルギーを閉じこめ半病人みたいになるより、元気だしてエネルギーを解放して復興に手助けする方がぜったい良いとおもっていますから。

そういまこそたんす貯金を引っ張り出して、お金を使おうではありませんか。
お金を使って企業をサポートする。そうしたら多くの働く人が失業せずにすむので、個人で寄付もできるし、国の税収も減らず、復興に当てられるというものです。

そして人々の関心が薄まってボランティアの人数が減った時こそ、元気な者が手伝いに行くのです。だから健康に気をつけて元気でいようじゃありませんか。 

|

« ストレッチをやりすぎて関節が | トップページ | 休養の意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事