« 身体から心に手当て | トップページ | 自粛が心身の萎縮 »

2011年4月 1日 (金)

ストレッチをやりすぎて関節が

身体が柔らかい人がストレッチで伸ばしすぎると、深層筋が硬くなることもあります。

関節が自己防衛反応を起こし、これ以上伸ばすと関節が危ない!と緊張して固めるからです。

そのような人がマッサージを受けても関節には指(圧)が届かないので気休めにしかなりません。

それではいけないとまた自分でストレッチをして治そうとする。伸ばしすぎストレッチを何十年と続けた人が、年齢、ケガなどによって筋肉が衰えたとき関節はもっと悲鳴をあげます。

人の行動は習慣性があります。伸ばし過ぎとも知らず習慣によってストレッチを続けていることもあります。

アナタの身体には、本当はどんなメンテナンスが合うのでしょうか?

|

« 身体から心に手当て | トップページ | 自粛が心身の萎縮 »

メンテナンス方法」カテゴリの記事