« 消極的な生き方もあり | トップページ | 心の軸 身体の軸 »

2011年5月23日 (月)

ストレッチで筋肉を伸ばそうとしない

ストレッチで筋肉を伸ばそうと思わないでくださいと言うと、みなさん、「?」マークとなります。

少し極端に言っているのですが、スポーツ選手やヨガの講師、パフォーマンスとして頂点を目指すのでもないかぎり、ムリして筋肉は伸ばさなくても良いということです。

しかしストレッチは、ココロとカラダのためにも毎日続けるほうがいい。

ストレッチを、筋肉を柔らかくするためとして行うのではなく、脳を癒すために行うのです。

ちょうど良い強さでマッサージを受けるとあまりの心地よさに眠くなるでしょ。それと同じで、心地よく筋肉が伸ばされると気持ちいいホルモンが分泌されます。そうすると脳が癒されるので身体もリラックスします。そのリラックス反応として筋肉も緩むのです。

脳を癒すためと思ってストレッチを行うと、いままで筋肉を伸ばすためといった、頑張るストレッチを行っていた頃より筋肉は緩んだりするものなのです。

「頑張るストレッチは競技のため、普段のストレッチは癒すため」

こう思ってストレッチするとストレッチが本当の意味でココロとカラダのためになってきます。

|

« 消極的な生き方もあり | トップページ | 心の軸 身体の軸 »

メンテナンス方法」カテゴリの記事