« ストレスと付き合う心の持ち方 | トップページ | ブログ式ホームページの続け方 »

2011年6月18日 (土)

首の緊張が原因で頭が疲れる

 「首の筋肉が緊張すると頭が疲れます」

わかりやすく説明すると、首の筋肉が硬くなったり、首の骨が歪んだりすると、”脳に行く血液”が減少し、循環が悪くなるので、脳が酸欠状態となり、集中力や記憶力が低下し、気力がだんだん失ってきます。

また、自律神経の中枢でもある脳幹の延髄は、頸椎の上部まで入り込んでいるので、緊張や頭部と首の歪みという物理的な圧迫を受けると脳が興奮してきます。頭痛などはその前兆でもあるのです。

脳の興奮は自律神経のバランスが崩れている状態なので、ウツ気分になり漠然とした不安感やパニック障害や睡眠障害、摂食障害などの要因になります。

昔から手技療法の世界では首の治療は重要とされていました。

昨今、医師の間でも、首の緊張凝りや歪みが原因で、うつ症状やパニック障害、自律神経失調症、などの様々な不定愁訴の要因になっているという発表もされています。「頸性神経筋症候群」

今まで、心の弱さなどと誤解を受けていた精神的な症状も、首や背骨を整えることによって改善できることが証明されてきたということです。

いままで薬物療法しかしてこなかった方や、原因不明で不安になられていた方は 首の緊張を緩和させてみてはいかがでしょうか。

.

参考記事 → 首の歪みから自律神経失調症

.

JIRO整体の予約は → 施術料金 

|

« ストレスと付き合う心の持ち方 | トップページ | ブログ式ホームページの続け方 »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事