« 2011年JIRO整体総括「日本」 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年12月31日 (土)

第6話 整体の技術のように「生きる技術」

私自身の2011年はどうだったのかと言うと、数え42歳の本厄ということもあり、精神的な面で大きい変化がありました。

ここ数年肉体的にも精神的にも急激な衰えを感じていました。体力や記憶力、集中力、免疫力の減退、そして憂鬱感。今思うと寸前のところで踏みとどまっていたのかもしれません。

しかし苦しみの中でも必ず行き着くところはいつもの、「自分のココロと身体が、整体(メンテナンス方法)の一番の実験の場になる」といった考え方です。

まず定期的な運動や独自の整体体操を続けて、サプリメントを摂取していたら、少しずつ体調が良くなってきました。

そして余分なストレスを生み出している自分の心の見直し。
その中でも、一番の気づきは「期待し過ぎていた」ということが大きかったように思います。

それは社会や人、自分に対してもです。
自分の実力が分かってくることによって、膨らませすぎていた期待が程良く縮んで、心が楽になってきました。

「もうがんばらなくていい」そう思うだけで、自然と肩の荷が下りたような気がします。

自分の身の丈が分かってくると、不足と感じていたことが、実は足りていた。という事実にも気づき始めました。

人生は、生まれ持った環境や遺伝的資質、運命によって変わります。努力で改善できることなどしれています。その努力できるということ自体も才能なのかもしれません。

だから他人と比較せず、自分の人生を歩むことが一番だと、頭ではなく、心から感じるようになってきました。

分相応がわかってくると、つまらないことでの怒りも減り、こんな自分に付き合ってくれている妻や人に感謝する気持ちが増えてきました。

子供の世話にしても心境に変化が現れてきました。

以前は、子育ては神さまが与えた試練だと思っていたことも、実はご褒美だったのだと、感じることが増えてきました。

おしめを換えたり、ご飯を食べさせたり、保育園の送り迎えなど、おっぱいを上げる以外なんでもやってきたという自負があります。

手間暇かけて世話した分だけ、心の中に、ほんわかとした小さい花が育っている。そんな
気持ちを持てるようにもなれました。ひょっとしたら私の人生で一番幸せの時かなのかもしれません。

運動や子育て、たくさんの気づきによってエネルギーが湧いてきたのか、2011年の最後に、渥美半島一周ウォーキング を企画して一人で13時間歩き通しました。

こんなバカなことをしたのは久しぶりです。

足が痛くてつらかったのですが、20代の頃の放浪の旅を思い出し、気持ちが若返りました。

人生もゆっくりでもいいから一歩一歩が大切なんだと、長時間歩くことで、カラダでも納得することができました。

考えてみれば私はいつも「気づき」を求めて、人生を旅しているような気がします。

そして、その「気づき」が、整体の技術のように、「生きる技術」として、自分を高め、人に提供できればいいなとも思っています。

苦しみや悲しみ、喜びのすべてをひっくるめて、「今を生きる」。

それが人生の究極の目的なのかもしれません。

.

JIRO整体物語記事

  ↓

第1話 四畳半と納豆と整体

第2話  整体院の開業と心身の反乱

第3話 死の不安、そして心身統合整体へ

第4話 JIRO整体の技術の作り方

第5話 「大いに生きる」

第6話 整体の技術のように「生きる技術」

|

« 2011年JIRO整体総括「日本」 | トップページ | あけましておめでとうございます »

ジロー整体物語」カテゴリの記事