« 20%セールだからといって | トップページ | 渥美半島一周ウォーキング 出発だ!  »

2011年12月22日 (木)

恋人がいなくて腰痛に

腰痛で何年も悩んでいた女性のクライアントが、恋人ができたと同時に腰の痛みが治まったことがあります。

自分の無力さをあれほど感じたことはありません。(笑)

カウンセラーに聞いた話ですが、恋愛関係が改善するか、結婚や恋人ができたらカウンセリングに通わなくなることが多いと聞いたことがあります。

女性の「愛される」ということは、女性ホルモンにも影響を及ぼしていると医学書にも載っていましたが、愛という心の分野は、カラダにも関係しているのですね。

心理学の統計でも、両親に愛されずに育てられると不安感が強くなりやすいというデータが出ています。

その不安感のすり替えとして、様々な不定愁訴が出てくることもあります。

それを医学用語では心身症と言い、うつ病のように心にでるのか、体に症状が出るのかは、人それぞれということです。

いずれにしても「愛される」というのは、自分の力だけではどうすることもできない運命があります。だから「愛されてください」と言われるだけつらくなる。

しかし、人は愛することができます。

愛する心がないといくら愛されたとしても人生はつらくなります。

愛されるを待つより、愛する努力をする。

こっちの方がいいな~と私は思います。

.

◆ JIRO整体の本ナビブログ こころとカラダが3ミリ成長する

|

« 20%セールだからといって | トップページ | 渥美半島一周ウォーキング 出発だ!  »

心と体」カテゴリの記事