« 息子を鍛える | トップページ | 習慣を見直す »

2011年12月 6日 (火)

信仰を持たない生き方

私は現在のところ、特定の神を信じていませんが、仏教書などを読んで影響を受けたことはありますし、若い頃は、信仰心があれば心が安定するのかなといった気持ちになったことがあります。
しかし最近は、不安定さも人生にとって大事なんだと思うようになってきました。

別に信仰が嫌いということではありません。
ただ、自分が信じていることがぜったい正しいと思って生きると、自分の心は安定するかもしれないけど、人を不愉快にさせることも多々あるのも事実です。

わかりやすく言うと信仰の押しつけやしつこい勧誘。脱会するときの嫌がらせなどを行うことです。

そういった行為は、双方の心に怒りを芽生えさせ、排他的となり、テロ、そして戦争へとつながるのではないでしょうか。

もちろん信仰によってはすばらしいものもあります。

しかし何事も信じるが強すぎる人が、狂信的なリーダーと出会ってしまったら、、、歴史を振り返ればわかることです。

私は多少自分が不安定でもいい。

強い信仰心を持つよりは、提灯のように風に揺られてぶらぶらした生き方だっていいと思っています。

.

◆ JIRO整体の本ナビブログ こころとカラダが3ミリ成長する

|

« 息子を鍛える | トップページ | 習慣を見直す »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事