« ほめる子育て。叱りもする | トップページ | 名古屋で首凝り整体 »

2012年1月26日 (木)

40歳は化けの皮がはがれるお歳頃

「40歳過ぎたら顔に責任を持て」と言われます。
その人の性格が顔に表れるのが40歳頃からです。

若い頃は顔に脂肪もあり、表情筋も発達しているので、意識的に表情を作りやすいのですが、老化により脂肪や表情筋が落ちてくると、その人の本心が、顔の骨からダイレクトに表情として伝わります。脂肪が減った分隠すのが難しくなるのです。

容姿端麗な親の遺伝で、若い頃回りからチヤホヤされてきた美男美女ほど、遺伝が薄まる年齢とともに、その人の本性が浮き彫りになるので、ギャップをよけいに感じます。

しかし心を成長させてきた方はいつまで経っても、表情に美しさや気品があります。
例えば女優の吉永さゆりさんなんて、若いときから美しい方ででしたが、最近はますます知性と教養とやさしさのある顔になられています。

遺伝は容姿だけでなく、免疫でも、親の遺伝が薄れていくのが40歳ぐらいからと聞いたことがあります。

昨今アンチエイジングで外面だけの美容に目が行きがちですが、心の内面が伴わないアンチエイジングは、ギャクにマイナスになりかねません。

そして心の美しさを高めるのには、お金がかからない。

.

◆ JIRO整体のブログ こころとカラダが3ミリ成長する本

|

« ほめる子育て。叱りもする | トップページ | 名古屋で首凝り整体 »

心と体」カテゴリの記事