« 天才を育てる?マニュアルは怖い | トップページ | 日本の子供が将来なりたい職業 »

2012年1月20日 (金)

お腹の固さで寿命がわかる

多くのクライアントさんのお腹を触診していると、胃腸の状態、現在、過去のストレス度、性格まで、なんとなくわかってきます。

人間もストレスがかかると、動物の本能として、身を屈めて、お腹側(内臓)を守ろうとします。内臓が傷つくと致命傷になるからです。

とくに肋骨に囲まれていないお腹は無防備ですので、無意識にお腹の筋肉を収縮させて
守ろうとします。 

筋肉は感情やストレスを記憶しますので、固さとしていつまでも残るのです。

以前、85歳の女性のお腹を触診したとき、その柔らかさに驚きました。
次にあったとき、「健康診断で、胃カメラでも検査してもらったら、医師から子供のような胃をしていますね」と、言われて喜んでいらっしゃいました。

私一人の統計なので断言はできませんが、臨床経験上、お腹が柔らかい人は、長生きされています。

どこぞの大きな研究機関で、ぜひ統計をとって欲しいものです。

アンチエイジングでも役立てられるのではないでしょうか。

|

« 天才を育てる?マニュアルは怖い | トップページ | 日本の子供が将来なりたい職業 »

心と体」カテゴリの記事