« ホイットニー・ヒューストンが死去 | トップページ | 今噂のトマトダイエットって効果あるの? »

2012年2月15日 (水)

怒りを溜める癖がある人は読むと良い

怒りを溜める人は、被害者意識が強いのかもしれません。

怒りを忘れずにため込んで、怒りをさらに妄想で膨らませて爆発させることもあります。

「自分が我慢をしている」が強く、相手が理解できるように自分の心を話す作業が苦手な部分もあるし、話してもわかってもらえないとすぐ諦めたりする傾向があります。

やっぱり子供時代、話が通じない親に育てられるとそういう性格になるのかな~と、私は自分自身をそう分析しています。

しかし、そんな自分の性格的傾向を素直に認めてあげると「自分が我慢している」といった思考の癖に気づくようになり、自分自身に対して上手く対処できるように少しはなってきました。

わたしの場合、妻に対しては自分の気持ちを正直に話します。「僕が不機嫌なのは君のせいではなく、思考の癖が勝手に不機嫌を作っているのだから、あまり気にしないでね」  とか、、「勝手なようだけど、今はこういう気持ちだから、それは止めてもらえる」と、正直に言います。

そういうこと言うのって、男の威厳だとかプライドから言うと、情けなくて嫌になる言葉なんだけど、自分の思考の癖を認めてあげたら言えるようになってきました。

正直な人間でしょ。(笑)

妻曰く、そう言われるとすごい救われるとのこと。

夫婦関係や人間関係が上手くいかないときなんか、よっぽど相手が悪くない限り、意地の張り合いみたいなものですからね。

人間関係が苦手な人は、被害者感情と怒りを溜める傾向があります。そんな自分の思考の癖を認めて、ケチなプライドを捨てると、自分もだけど、相手も気持ちも楽になってきます。

「お互いいろんな癖があるね」といった感じで許し合える関係になってくるのかな。
良くない癖も認め合うって、最高の人間関係だと思うのです。

すべての人に同じような対応しませんが、身近な人には、素直な気持ちになって付き合っています。

|

« ホイットニー・ヒューストンが死去 | トップページ | 今噂のトマトダイエットって効果あるの? »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事