« 東京出張から帰ってきて | トップページ | 夫婦のすれ違い 1歳危機 »

2012年2月 7日 (火)

首と骨盤はバランスの要

私は名古屋で、首の痛みや首のこり、ゆがみの矯正を得意とする整体を行っているの
ですが、昨今西洋医学でも、首のこりや歪み、硬さなどによる異常を、「頸性神経筋症候群」といって自律神経のバランスを崩す要因にもなっていると言われるようになってきました。

カイロプラクテイィックなどの手技療法の世界では、百年も前から(もっと前かも)首の矯正は最重要視していました。

東洋医学や手技療法というのは、科学的な実験より先に、経験則から生まれたものです。

人間を観察して、試して、そしてまた観察し、結果を観察して、試すを何千年もくり返しながら治療に活かしています。

言っておきますが、病気や身体の痛みや凝りが、背骨の歪み(首)だけが問題だと言っているわけではありません。(そこまで単細胞ではありませんので。笑)

体調は、遺伝や食生活やストレス環境によって大きく左右されます。

しかし身体を全体的に見ると、バランスが崩れて、しかも固まっていることがいいとは思いません。

その中でも、首と骨盤(股関節を含む)は要です。

身体の片側だけ硬くなったら血行やリンパの流れはどうなりますか?

すぐに病気になるわけではありませんが、長い目で見たら免疫だって良くないでしょ。
首が歪んでいたら脳の血行はどうでしょうか?

首の寝違えを起こしたときの精神状態はどうでしたか?

人間が動くときはまず顔を向けます。そのために首が動くのですが、もし首の動きが左右違っていたら動きはどうなりますか。

身体を部位別で見るのではなく、全体を通しながら見ると、重要な箇所がわかってきます。

.    

関連記事

  ↓

名古屋の腰痛整体 長引く腰痛は頭の位置がズレている?

|

« 東京出張から帰ってきて | トップページ | 夫婦のすれ違い 1歳危機 »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事