« 今噂のトマトダイエットって効果あるの? | トップページ | 愛知県名古屋市・腰痛に効く整体体操 »

2012年2月17日 (金)

子どもにとってかけがえのない時間

保育園に通わせていると、平日はいつもせかしてばかりです。

ついつい出てくる「言葉は早くして!」。

そこで1~2週間に一度、平日に私が完全休業し、子どもは保育園を休ませて、子どもの好きなことをさせる時間を作りました。
そうしたらパジャマも着替えず、2時間ぐらい黙って絵を描いているのです。
私もその間はなるべく言葉をかけません。

ハイキングに行くときもあります。

途中の道ばたで、じっと落ち葉を見たり、何か拾って独り言を言ったりしています。先を急ぎたいときもあるのでイライラすることもあったのですが、妻に「子どもは、大人から見て無駄なことでも、子どもにとってはかけがえのない時間なのよ」と言われて、なるべく声をかけず、本人の好きなことをさせてあげるようにしています。

今日本の社会では「指示待ち社員」が多いとのことです。だれかに仕事を指示されないと自分で何をすれば良いのかがわからないのです。

その他、趣味で何をすればいいのかがわからない。といった声も聞きます。
趣味ってしたいことをするのが趣味では?と思うのですが、自分が何をしたいのか、何におもしろいと感じるのかがわからないと言われていた方もわりと多いみたいです。

もっとかわいそうなのは、楽しむことが罪悪感と思ってしまう人です。
ひょっとしたら子どもの頃から、学校、塾、習い事、ゲームなど、与えられすぎて、自分の喜びを感じる時間が持てなかったのかな~と思うのです。

喜びを感じる感覚って子ども時代に作られているような気がします。
だからなるべく「早くしなさい」とか、「いけません」を言われない一日を過ごさせてあげて、自分の好きなことを見つけられる人間になって欲しいのです。

それが大人になってからも、生きるエネルギーにつながってくれたらと思っています。

|

« 今噂のトマトダイエットって効果あるの? | トップページ | 愛知県名古屋市・腰痛に効く整体体操 »

育児」カテゴリの記事