« 腰が丸まったタイプの腰痛 | トップページ | 苦しみは40歳まで待ってみる »

2012年2月28日 (火)

首の動きと身体の動き

動作の始まりは、まず動く方向に目を向けます。
つまり顔を動かすため、首から動くのです。

その首の関節の動きや可動域が左右で違っていたら、身体の動きも左右で違ってきます。

左には振り向きやすいのに、右に首を回したときは、固さを感じるということになると、自分の感覚ではまっすぐ歩いているつもりでも、左側にズレながら歩いている可能性もあります。

左側にズレながら歩かないようにするためには、右脚に比べ左脚に力を入れて身体を真っ直ぐなラインに戻そうとします。

その動きが習慣化されると左脚は硬くなってきます。その硬さは股関節や骨盤の歪みとなります。

骨盤が傾けば、その上にある背骨が補正作用のため傾きながら背骨のわん曲を作ります。

最終的には首の歪みがより頑固になるのですが、ここまできたら身体のあちこちに頑固な凝りが生まれます。

身体は凝っているところや痛いところといった部分で診るのではなく、全体を見るようにしないと、いつまで経っても改善しません。

. 

関連記事

  ↓   

腰痛は頭の位置と首(背骨)のバランス関係 

首と骨盤はバランスの要

|

« 腰が丸まったタイプの腰痛 | トップページ | 苦しみは40歳まで待ってみる »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事