« 名古屋でむずむず脚改善を考える 整体 | トップページ | 葛藤ばかりだと苦しいですよ »

2012年2月21日 (火)

平衡感覚が良くない人は疲れやすい

目をつむって片脚立ちになってみてください。10秒も出来ないようでしたら平衡感覚はあまりよくありません。

平衡感覚が良くない人は歩くときもバランスが微妙に崩れているためか、疲れやすくなる傾向があります。

平衡感覚は、内耳の三半規管と前庭器官、それに視覚と筋肉センサーでバランスをとっています。

胸鎖乳突筋と言われる筋肉は、鎖骨から耳の後ろの頭蓋骨の突起に引っ付いている首の筋肉なのですが、この筋肉の左右どっちかが緊張すると、頭が傾くので、身体全体のバランスが微妙に崩れてきます。

頭部が傾くと視線にも影響を及ぼしますし、全体的な姿勢が崩れてきます。

また、胸鎖乳突筋の下には自律神経が走っているため、めまいなどの症状にも関係している可能性があります。

この筋肉を一人でチェックするには、首を左右に伸ばし、硬さを比較するといいでしょう。

一人で整えるには、硬い方を多めにストレッチするのも有効ですが、時間がかなりかかりますので、早めに効果を出そうと思ったら首と頭部の位置関係を矯正することをお勧めします。

頭部のバランスが良くなると、急激に運動能力が高まります。

|

« 名古屋でむずむず脚改善を考える 整体 | トップページ | 葛藤ばかりだと苦しいですよ »

心と体」カテゴリの記事