« 首の動きと身体の動き | トップページ | 彼氏が欲しい!そのテクニック »

2012年2月29日 (水)

苦しみは40歳まで待ってみる

思いこみが激しい、堂々巡りばかりする、人の目が気になってしょうがない。

掃除をちゃんとしなければ・・・   ご飯をちゃんと食べなければ・・・   運動をちゃんとしなければ・・・    子育てをちゃんとしなければ・・・   仕事をちゃんとしなければ・・・ 

生きるの疲れちゃうでしょ。

なんで自分を自分でそんなに追いつめてしまうのかな。

その「しなければ・・・」という指令はどこから来ているのかな?

すぐ答えを知りたい、そんな自分を変えたいといった気持ちはわかるけど、早く答えをだしたいばっかりに変な団体と関わって人生をよけいにややこしくならないように気をつけてください。

ハッキリ言ってそこが人生の分かれ目です。

つらいときは友達や料金設定がしっかりしているカウンセラーやセラピストに話すのです。

薬を飲んでもいい、酒を飲んでごまかしてもいい。
そうやってごまかしながらでも40歳まで生きるんです。

40歳ぐらいになったら、何となくいろんなことがわかってきて、自分の中でつじつまが合うことが出てきます。

それが生きる自信となるのです。

それに親の性格的遺伝や幼少期の生育環境による影響による呪縛が薄れてくるのが、40歳頃と言われます。

「40過ぎたら顔に責任を持て」って言うでしょ。

40歳から自分らしさが出てくるのです。

だから早急に結論を出さずに、ごまかしながらでも40歳まで生きてください。

.    

◆ JIRO整体の本ナビブログ こころとカラダが3ミリ成長する本

|

« 首の動きと身体の動き | トップページ | 彼氏が欲しい!そのテクニック »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事