« 4月の東京出張整体はお休み | トップページ | 人間関係で悩むことが多い人は »

2012年3月27日 (火)

マッサージでは治らない筋スパズム

マッサージを受け手もぜんぜん治らない筋肉の痛みがあります。

ストレッチを毎日続けても、緩まない筋肉の固さがあります。

その痛さと固さの要因となるのが、「筋スパズム」と言われる「筋肉の過緊張」。筋肉が異常に収縮した状態になっているのです。

たとえば運動などで張った筋肉はストレッチをすることで張りが緩みます。
また、筋肉の凝りの場合は、マッサージやなどで凝っている箇所を揉むと症状は改善します。

しかし筋スパズムの場合、関節の歪み(サブラクセーション)が原因となっているので、関節矯正行わないと改善しずらいのです。

整体で、「ぎっくり腰が一発で治った」という話しを聞くでしょ。
それは整体で関節矯正をしているからなのです。

骨の連結部分にズレが生じることによって、亜脱臼を起こしたと筋肉などの回りの組織が勘違いをして、添え木のように筋肉で関節を固めようとするのです。

だからその原因となった関節を矯正すると、回りの筋肉も固くする必要がないと判断して、自然と緩むのです。

いつまで経っても治らない筋肉の痛みは、関節矯正という方法もあるということです。

.    

関連記事

  ↓

プロの腰痛の治し方

なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

ストレッチで筋肉が硬くなる

|

« 4月の東京出張整体はお休み | トップページ | 人間関係で悩むことが多い人は »

メンテナンス方法」カテゴリの記事