« 読書は生きるために必要なもの | トップページ | 楽しい結婚生活を送るには »

2012年3月19日 (月)

姿勢と精神状態

先日散歩をしていたら、自分が地面を見るぐらい下向きの猫背姿勢で歩いていることに気づきました。哲学っぽいことを考えながら歩いていたのです。

今度は意識して、青空を見て考え事をしようとすると、考え事をする気持ちにはならず、頭がボーッとして「青空って気持ちいいな~」と、ったりした気分になるのです。

わかりやすく言えば、猫背で下向き姿勢は、心が内側に向きやすく、考え事をするのに向いている姿勢で、上を向いた姿勢は、前向きで気持ちがゆったりしやすくなる姿勢だということです。

無意識にとっている姿勢にはそれなりの理由があるのだと思います。

たとえ良くない姿勢と言われる下向きの姿勢でも、無意識に取っているということは、「自分の心と対話する時期ですよ」といった信号ではないでしょうか。

深く考えることによって間違った方向にいかないように修正する必要があるのかもしれません。

一つの姿勢に限定せず、良い姿勢、悪い姿勢、上を向いたり、下を向いたり、真っ直ぐ向いたり、それなりに理由があるのだと思うのも、いいかも知れませんね。

.   

関連記事

  ↓

なぜNHK朝の連ドラの”ゆいちゃん”は、だらしない姿勢になってしまったのか

なぜ私は意識的に猫背姿勢になって下を向いて歩くのか 

強迫神経症と背骨の歪み 

  • 心の軸 身体の軸 
  • 覇気がなくなる姿勢
  • |

    « 読書は生きるために必要なもの | トップページ | 楽しい結婚生活を送るには »

    心と体」カテゴリの記事