« 男二人旅で東山動物園 | トップページ | 病院で検査した方がいい腰痛 »

2012年4月 5日 (木)

スポーツのパフォーマンスが上がる体幹体操

一流のスポーツ選手のパフォーマンスは、手先ではなく、体幹から身体が動いています。
試合前も体幹を意識して準備体操を行っている選手もいます。

たとえば大リーグのイチロー選手がよく行っている準備体操で、腰を落として肩を入れる体操があります。あれは骨盤の刺激と同時に背骨も回旋させて刺激を与えているのです。

なぜ体幹を動かすと良いのかというと、背骨から手足に出ている神経の働きが良くなること、身体のセンターが意識されことで全体のバランスが良くなるからです。
これは整体の施術後でもはっきりしていて、背骨の矯正後は握力や脚力が増します。

その他、股関節の可動域が増えることも、動きが良くなる要因になります。

また、首と骨盤にはたくさん神経のセンサーがあり、刺激すると、脳と体をつなぐ神経伝達能力が大幅にアップします。
これらを意識してスポーツを行うと、運動パフォーマンス能力は大幅に上がります。

残念ながら、日本のクラブなどの試合前の練習を見ていると、まだこのような体幹をしっかり意識した練習方法を取り入れているクラブは少ないみたいです。

手足のストレッチも必要なのですが、その前に体幹を意識する準備体操を行った方が効果的です。

私は、腰痛体操などにも体感体操運動は応用しています。

|

« 男二人旅で東山動物園 | トップページ | 病院で検査した方がいい腰痛 »

メンテナンス方法」カテゴリの記事