« JIRO整体東京出張予約 | トップページ | 会社は家族? »

2012年5月28日 (月)

顎の関節が鳴る、痛いの原因

こんにちは 名古屋市守山区のJIRO整体です。

顎関節症まではいかないけど、左右の歯のかみ合わせが悪いとか、片側だけの顎の関節が鳴る、口を大きく開けない、もしくはコキッと鳴って痛い。の話をします。

以前の歯科医では、元々の歯のかみ合わせが原因と考えられていた顎関節症ですが、最近では生活習慣が発症の要因という考え方が主流になっていると言います。

ちなみに整体では当たり前のように昔から言われてきたことです。

例えば、顎関節症になりやすい生活習慣として、頬づえやうつぶせ寝、枕が高い、寝転がって読書、パソコンに向かっているときあごを前に突き出すような姿勢が習慣となると顎への負担が大きくなります。

身体全体の歪みで言うと、O脚や骨盤の歪みが原因で背骨から首が歪み、最終的に顎関節の歪みとなることもあります。

その他、歯ぎしりや無意識に歯を食いしばっていると、あごの関節に負担がかかり傷めやすいので注意してみてください。

顎関節症は病院で治療をしても再発することが多いので、生活習慣の見直しをする必要があります。

また、骨盤や首の矯正は自分一人で行うのは難しいと思いますが、首回りのストレッチや、あごの筋肉をほぐすマッサージなども効果があります。

|

« JIRO整体東京出張予約 | トップページ | 会社は家族? »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事