« 鈴木雅之さんのコンサートで感動 | トップページ | 名古屋で脚が太い!をスッキリしたいときの整体 »

2012年5月 1日 (火)

子どもの勉強は親のためにもなる

こんにちは。名古屋市守山区のJIRO整体です。

4歳の息子がいるのですが、ぼちぼちですが勉強を教えています。
書店で買った教材を利用して、一日20~30分、ひらがなやカタカナ、英語、足し算などです。

英語のヒアリングは、教材に付いているCDを利用しています。
バックミュージックのリズムが良いのでノリノリでお勉強です。
子どもって親が手をかけてあげるとどんどん才能が伸びてくるので驚きの連続です。

私は子どもに勉強を教えるのは子どものためになるだけではなく、親のためにもなると思っています。

親だって時間があったら自分のことをしたいと思うのは当然です。
私だって仕事もしたいし、勉強もしたい。好きな本だって読みたい。
しかし自分の時間を割いて子どもと付き合うことってそれ以上に貴重な経験だと思います。

私の場合、子どもの存在が「他人を思いやる」といった心を育むきっかけになったような気がするのです。だから子どもの友達もかわいいし、応援したくなります。

そのような心を持つと間違いなく人生が充実してきます。

それに妻の評価も高まるので、家族の居心地も良くなり、それが自分の精神的な安心感とつながります。

子どものためと思ってやっていることも巡り巡って自分のためになるのですね。

まぁ そんなこと考えなくても、やっぱり子どもに何かしたくなるだけなんですけどね。

|

« 鈴木雅之さんのコンサートで感動 | トップページ | 名古屋で脚が太い!をスッキリしたいときの整体 »

育児」カテゴリの記事