« 自立したいなら一度親を殺しなさい | トップページ | 西部劇が好きだった »

2012年6月 2日 (土)

肩で責任を背負っている

日本人にとっての「肩」は人生に対しての責任を感じる部分です。

肩書きなども責任と関係している言葉です。

だから肩にはその人の強さや弱さの状態が現れます。
調子よく勇ましく生きているときは肩で風を切って歩きますし、気持ちが落ち込んでいるときは、肩を落としてうなだれた姿勢になります。

姿勢が心の状態を表すこともありますが、逆に、姿勢がその人の心の状態を作ることもあります。

例えば落ち込んで首がうなだれ下を向いている人に、胸を張って生きろって励ましたりするでしょ。胸を張っているいる内に元気になったりすることもあります。(昨今は励ましより、寄り添うや慰めの方が人気があるようです)

いい意味も悪い意味も含めて、姿勢が情動に影響を与えることもあります。

|

« 自立したいなら一度親を殺しなさい | トップページ | 西部劇が好きだった »

心と体」カテゴリの記事