« 肩で責任を背負っている | トップページ | 「惑星交響曲2012」と「悪人9割」 »

2012年6月 3日 (日)

西部劇が好きだった

西部劇の映画が子供の頃から好きでした。

「シェーン」 かっこよかったな~。

流れ者のガンマンが敵をやっつけて去っていく

最後のシーン「シェーン・カム・バック」。子どもが叫ぶ横で、流れ者のガンマンにほのかな恋をしている少年のお母さん。

当時少年だったぼくは、あの馬で去っていくシェーンにどれだけ憧れたことか。

後にぼくは旅人になったわけですが、それはシェーンのようにかっこよく去っていくのではなく、ただ現実から逃げていくだけだったんですけど。(そんなオチはいらん!笑)

その他

「荒野の一ドル銀貨」や「OK牧場の決闘」かっこよかったですね~。「真昼の決闘」の主題歌ハイ・ヌーンなんて今でも口笛でふいています。

そしてジョン・ウェイ。

今度話します。

|

« 肩で責任を背負っている | トップページ | 「惑星交響曲2012」と「悪人9割」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事