« 人生は不平等 | トップページ | 身体の硬直は「死んだふり」 »

2012年6月25日 (月)

人には嘘をついてもいいが自分の心に嘘をつくと

思ったことを何でも口に出す人は素直な性格の反面、心が幼いとも言えます。
社会性を持った人付き合いをしたいのなら相手を嫌な気分させない言い方も考えないといけません。

例えば、相手を自己中心的な人と思ったとしても、「あなたは自分勝手ですね」と言うのと、「自分の考えを持ってらっしゃるのですね」と言うのとでは、全然違うでしょ。

言ってみれば「良い嘘」とも言えます。

もちろん相手のことが嫌いで、イヤミの一つでも言い返したいときは、「あなたは自己チュー!」と言うと気持ちはスッキリします。

社会性を持って生きるためには一歩家をでたらある程度仮面を装う必要はあります。

しかし、自分に嘘をついたらいけません。怒りや悲しみの感情を封じ込めてばかりいると、いつか爆発するか、感情のない空虚感に襲われます。

自分の感情に気が付いたら、それを認め、しっかり慰めることも大切です。

人には良い嘘を付いてもいいが、自分の心には常に正直に生きた方がいい。

|

« 人生は不平等 | トップページ | 身体の硬直は「死んだふり」 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事