« 梅雨時の健康法 | トップページ | 医療の合理主義と非合理を選ぶ時代 »

2012年7月 3日 (火)

自分勝手で迷惑な人が職場にいる悩み

30代の女性の知り合いが、「職場の男性社員でうつ病みたいなのだけど、自分勝手で迷惑なことをする人がいて困っている」と愚痴っていました。

その男性は、たいした実力がないのにプライドだけは高くて、短気。

女性曰く、「うつ病になりたいのは私の方」とのことです。

ある精神科医によると、そのようなタイプの人は新うつ病といって、自分の病気のことなのに、「まだ治せないのか」と、すべて医師の実力不足のせいにして責め立ててくるのるのでたいへんなのだそうです。

プロですら大変なので一般の人では太刀打ちできなくて当たり前かもしれません。

基本的に自分勝手な人が反省して性格が変わることは期待できません。だから相手にちょっとでも期待する気持ちがあると、裏切られてよけいにつらくなるか、対応に甘さが出て、相手が調子に乗るだけです。

だから徹底して事務的に冷静に対応。

まずは回りの人に自分の置かれている状態を理解してもらい味方を増やします。
そして感情的にならず冷静に、「こういうことを言われた。こういう出来事があった。」と、上司に相談して、配置転換の希望を申し込むなど、なるべくその迷惑人間から遠ざかるのが一番です。

そして友達に愚痴るなり、ストレスを発散して溜めないことです。

自分勝手な人に振り回されて自分が病気になるのも癪ですからね。

 

|

« 梅雨時の健康法 | トップページ | 医療の合理主義と非合理を選ぶ時代 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事