« 二重人格的な性格 | トップページ | 梅雨時の健康法 »

2012年7月 1日 (日)

オーストラリアからの友達

先週オーストラリアに住んでいる友人が名古屋の我が家に遊びに来てくれた。7年ぶりの再開ということもあり、酒を飲みながら夜を徹して語り明かした。

お互い40過ぎたのだけど、長く海外に住み外国で転職をくり返す彼はますますたくましさを感じる。

海外では転職がキャリアアップにつながるのだ。
日本では逆にマイナスと捉える。だから人間が小さくなるのもしょうがない。

彼曰く、「日本が景気が悪いのなら、なんで若者は海外に出ないのだ?」と疑問に感じるらしい。日本では会社を辞めるなり、一度人生の線路から離れると、なかなか復帰できない仕組みに世の中がなっているので仕方ないのかもしれない。

私みたいな元放浪者は半分は世捨て人みたいなものだ。(笑)

夜が明けるまで話し通したのだが、友人が、私の考えは日本人離れしていると、何回も言っていたけど、通りで昔から浮くことが多いと思った。たんに性格の問題だったりして(笑)

しかし海外で自分のやりたいことを自分の責任で生きている彼は外面も若かった。

私もまたいつか海外を放浪してみたいな。

|

« 二重人格的な性格 | トップページ | 梅雨時の健康法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事