« 東山動植物園大好き | トップページ | 肩こりでみる病気の兆候 »

2012年7月10日 (火)

「痛み」の意味

ただ痛みを我慢だけではマイナスでしかないので、人生の限られた時間を生きる上でもったいないように私は思うのです。

この不快な痛みには「何か意味がある」。魂(心)からの何らかのシグナルだと思うようにして自分の生き方を見直してみたり、抑圧した感情がないかと心を探ったりします。

無理して痛みの原因とこじつけるようなことはしませんが、それでもメッセージを感じ取ることができたときは少なからず人生にプラスに働きます。

それと私の痛みの場合「人生にとって大事なシグナル」と思うだけではなく、
整体の仕事をする上で「クライアントの痛みのつらさを感じる」ことができるようになるといったプラスの面もあります。

もう一つ付け加えるなら、自分の身体で身をもって治癒過程を知ることができる貴重な体験として捉えるようにしています。

転んでもただでは起きないつもりですが、それでも痛みは不快なものです。

だからよけいに「痛みの意味」見つけるようにしているのです。

|

« 東山動植物園大好き | トップページ | 肩こりでみる病気の兆候 »

心と体」カテゴリの記事