« 脱力ぶらぶら体操 更年期障害・自律神経失調症に効果的! | トップページ | うつ病の50%は再発、その予防とは »

2012年8月 9日 (木)

名古屋 自律神経失調症を整体で

自律神経失調症の症状として、動悸 めまい ほてり 多汗 のど・胸のつかえ 胃重・腸腸障害 頭重 冷え 慢性的な首肩こり腰痛 手のしびれ 睡眠障害 不安感 憂うつ感などが現れます。

医学的には心の状態が体に現れる症状として「心身症」「仮面うつ病」とも言われていますが、病院の診察で原因が特定できないことも多く、安定剤や筋弛緩剤などの薬で症状を抑えるが主流のようです。

私が、自律神経失調症と診断されたクライアントの身体を触診すると、多くの人の首が硬直していました。 首の凝りや硬直が自律神経を圧迫して心身に影響を及ぼしているのではないかと考え、十数年手技による臨床と研究を行っています。

当初は首だけに注目していたのですが、背中の硬さや慢性的な腰痛を抱えている方が多いこともわかってきました。

そこで首の調整プラスして背骨や腰の緊張を緩めていく整体を行うと、施術中に急速にリラックスして、まるで催眠状態のような状態になって気持ちよさそうにうとうとと眠る方が増えてきました。
この意識と無意識の中間あたりが心身の深いリラクゼーションに導き、治癒能力を高めるのだと思います。

ただ自律神経失調症は、何年も症状を引きずっていた人が多いせいか、数回整体を行ったぐらいではなかなか改善してくれません。改善せぬままあきらめるか、医療ショッピングを繰り返すか、薬だけに頼る方が多いのも事実です。

私自身、以前自律神経のバランスを崩したことがあるので、「治療に過大な期待をしてすぐ結果がでないとあきらめる」という気持ちもよくわかります。

ジロー整体物語 クリック→ 第2話 整体院の開業と心身の反乱

私の場合、けっきょく自分自身の方法で自律神経失のバランスを整えることができたのですが、治癒するまで1年ぐらいはかかったと思います。

胃が悪かったので病院にも行ってみたのですが、数分間の診察で薬の服用しか治療法がないと言われ、それっきり病院にいくのはあきらめました。

当時、薬以外で自律神経失調症を治す方法を教えてくれる方に巡り会わなかったので、試行錯誤で自分の身体と心に向き合い、治癒までの道のりは正直けっこうたいへんでした。

そのような自分自身の経験を活かしたいという思いで「自律神経のバランスを整える手技と自力治癒方法」を研究してきました。

数回の施術で症状が改善というわけにはいきませんが、薬だけの治療でない改善方法の相談にはなれると思います。

 

また自律神経失調症や更年期障害でお悩みの方向けに、JIRO心身統合整体が考案して健康誌にも取り上げてもらいました。

脱力ぶらぶら体操 」←(クリック)(「はつらつ元気」2012年8月号)も、実践していただければ効果があると思います。

.

 

参考記事→ 首の歪みから自律神経失調症

                  首のゆがみは本当に怖い

        名古屋 パニック障害を整体で予防

 

|

« 脱力ぶらぶら体操 更年期障害・自律神経失調症に効果的! | トップページ | うつ病の50%は再発、その予防とは »

メンテナンス方法」カテゴリの記事