« 富士山に登って潜在的なエネルギーが全開!  | トップページ | 熱中症予防 »

2012年8月 6日 (月)

嫌な出来事から10倍学んでやるぞ!

以前ある施設を利用しているとき、酔っぱらいのおじさんにケンカを売られるかのごとくいきなり失礼なことを言われ、ひどく心が傷ついたことがあります。

もちろんこちらに一切の非はなかったのでその場でやり返してやればよかったのですが、家族と一緒だったし、酔っぱらい相手ということもあり、その場を去りました。

それからしばらく悔しさが消えませんでした。あのとき言い返すなりしていればもうちょっと気持ちも収まったのかもしれませんが、相手は質の悪い酔っぱらいです。言い返せばケンカになるやもしれません。そうしたらどっちかがケガをすることも考えられます。

ひょっとしたら警察に逮捕されるかもしれません。それを子どもの前で見せなくて良かったと、あのとき泣く泣くその場から去った決断は正しかったと今では思っています。

しかししばらく心が傷ついていました。

「自分のこれまでの生き様が悪く、それが今の自分に返ってきているのだと」。因果応報的な考えで無理に自分を納得させようとしたこともありました。

しかしそんなふうに思っても思考が停止するだけでやっぱり納得はいきません。

次は相手を理解するようにしました。「酒に酔っぱらって前後不覚になり見境がなくなるのは子供の頃からの抑圧した感情が原因となって・・・」など、心理学の本も読み、違う角度から相手を捉えるようにもしてみました。

しかしそんなことを勉強しても怒りはおさまらない。

そしてあきらめました。頭に来るのは当たり前なんだんからそのままでいいと。

そうして日々を過ごしていると、いつのまにかその出来事も遠い過去になってどうでもよくなってくるのです。

けっきょく時が解決してくれたのかな。とも言えます。

しかし私がその出来事をきっかけに心理学の本などで学んだことが今頃役に立っています。

人を表面上だけで見ないことや、自分自身の心を内省する手助けにもなっています。

人生は「七転び八起き」です。

|

« 富士山に登って潜在的なエネルギーが全開!  | トップページ | 熱中症予防 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事