« ジブン、ジブンと鳴くよりも | トップページ | 子どもは褒めて育てるのか、罰を与えて育てるのか »

2012年8月16日 (木)

自律神経失調症を自分で治す方法

こんにちは、名古屋のJIRO心身統合整体です。

前回「自律神経失調症を整体で 」という記事を書いたのですが、今回は自分でも自律神経失調症の改善に向けた努力をしたい方へその方法をいくつか紹介したいと思います。

これらは実際に自律神経失調症で悩んだことがある私自身が実践し、またクライアントさんにも試してもらって確実に効果があった方法です。

.
 実践編
.

指先の爪もみ刺激と指ストレッチ      耳と目のマッサージ  

交互に温入浴と冷シャワー 背骨沿いのツボにボールで圧迫 

大腰筋や深層筋体操  夕刻にリラックスする時間を持つ 

寝る前にストレッチ(股関節回り) 早寝早起きして朝日を浴びる

リズム運動(ウォーキング・軽いジョギング 自転車こぎ 水泳 

四股踏みをしてお腹(丹田)に「気」を下げる  3分間の瞑想  

100回呼吸に意識する  プチ断食   寝る前にホットミルク 

暗示言葉をくり返す(気持ちがゆった~りしている など)

認知療法(ものごとの受け止め方や考え方の見直しは重要)

ろうそくの炎を見つめる瞑想(心が落ち着いてきます) 

太陽のエネルギーを吸い取る瞑想(元気をもらえます)

森林浴(自然が癒してくれます)  乾布摩擦

サプリメント(B C E 葉酸 DHA・EPA)
.

私が考案して健康雑誌にも掲載された

脱力ぶらぶら体操 」←(クリック)もおすすめです。

.

.
 
 日常生活で気をつけること
.

ニュース断食(イヤな事件のニュースは極力みない) 

家の整理整頓(捨てる技術) 水回りは清潔に 

ある程度規則正しい生活(早寝早起)

パソコンやゲームをやりすぎない
.

自分でできそうなものを取り入れて試してみてください。

.
また首の調整や背骨・骨盤の歪み・硬直を整体していくと、より自律神経のバランスが整えられてきます。

.
参考記事→ 首の歪みから自律神経失調症

|

« ジブン、ジブンと鳴くよりも | トップページ | 子どもは褒めて育てるのか、罰を与えて育てるのか »

メンテナンス方法」カテゴリの記事