« 直感力を高めないと結婚で失敗をするかも | トップページ | わけあって妻と子ども実家で暮らしている »

2012年10月26日 (金)

物理的に忙しいと身体疲労から脳疲労

仕事や子育てや介護などで実際の時間によとりがないと、知らず知らずのうちに疲労は溜まってくるものです。

いつも時間に追われていると心にも余裕がなくなります。それは「自分」という「個」がなくなるからです。

過去に自分の時間を持っていた人が、何らかの事情で時間に追われて自分という個が長くなくなると混乱を来し始めます。それが育児ノイローゼや介護ノイローゼとなるのです。

また身体だって休む暇がないと疲労物質が溜まります。身体に疲労物質(老廃物や活性酸素)が溜まるということは、身体の一部でもある脳にも疲労物質は溜まるのです。

それが脳の炎症となり、本格的な脳疲労となることさえあります。

仕事など好きで忙しいのなら別ですが、義務としての忙しさはほどほどに手を抜いて、自分の時間を作ることは、心と身体にとって大切なことだと思います。

.

参考記事→ 首こりが原因で脳疲労・原因不明の悩み

.

JIRO整体の予約は → 施術料金 

|

« 直感力を高めないと結婚で失敗をするかも | トップページ | わけあって妻と子ども実家で暮らしている »

心と体」カテゴリの記事