« わけあって妻と子ども実家で暮らしている | トップページ | 名古屋 腰痛が長引く反り腰を整体 »

2012年10月29日 (月)

人脈をムリしてつくらない

最近は、人脈を拡げる異業種交流会やイベント、ネットの交流サイトなどが盛んです。

若い頃にいろんな方と出会うことはすばらしいことだと思いますし、もしそこで男女間でステキな出会いに発展すればすばらしいことです。

しかし人脈をつくって起業や仕事、就職などに役立てようといった考えの人は、なかなか身のある人脈はできないと言います。(参加者の言葉や、一流の起業家の話では)

なぜなら自分の実力がないかわりに人脈を頼りにしようといった、利己的な考えが相手に透けて見えるからです。相手も同じような考え方の人だと、共通の目的を持った人脈となるでしょうが、いざとなったとき果てしてお互いの実力はどうでしょうか。

もし仕事で役立つ人脈をつくりたいなら、自分の哲学や技術がしっかりしていないとまず実力がある人は寄ってこないと思っていた方がいいでしょう。

単純に考えて、一流の人がわざわざ2流の人と交流して人脈を拡げようとしますか。といったことです。

人脈をつくるような会で有効なのは、一流の人が集まる交流会です。
そうではないのなら人脈を拡げるより、自分を成長させるとか、自分の人生哲学を磨くといったことに時間を割いた方がいいような気がします。

一流の人は、人脈をつくってそれを利用しようとする人より、不器用だけどコツコツと自分を磨いている人をサポートしたくなると言います。

私自身のことをいうと、友達や人脈を拡げようとした頃は拡がらず、ひとりで本を読んだり映画を見たり整体の勉強をしたりして、孤独を十分味わった後、ステキな出会いが増えてきました。

交流会は、人脈をたくさん拡げようとした考えで参加するのではなく、単純に人との出会いの喜びにつながればといった考えで参加するほうがプラスになると思いますよ。

.

|

« わけあって妻と子ども実家で暮らしている | トップページ | 名古屋 腰痛が長引く反り腰を整体 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事