« サラサラのニオイのない良い汗 | トップページ | 名古屋 首凝り整体は究極のリラクゼーション »

2012年10月22日 (月)

警察に捕まってホッとする心理

人間は孤立すると苦しくなります。それは死ぬほど苦しいことなのかもしれません。

ある犯罪者が、「しゃばで孤独に苦しむぐらいなら刑務所に入っていた方がまし」 そんなことを言ってたという本を読みました。

テレビでもおなじみなのですが、警察の取り調べで、鬼の刑事と仏のようなやさしい刑事が出てきます。犯人はそのを仏の刑事さんと喋ることによって孤独の気持ちが癒され白状するのです。自分のことを人に喋りたい、苦しみをわかって欲しいと欲求から警察に捕まって逆にホッとするのです。

ネットでも過激なコメントがエスカレートするときがあります。
その怒りや敵意の裏返しは、だれかとつながっていたいという痛切な思いから来ているような気がするのです。それが歪んだ形で表現されているではないでしょうか。

私は自分の悲しみや弱さを認めちゃえばいいのにと思うようになってきました。

「ボクは孤独で寂しいです」と、素直に言っちゃった方が人と助け合えるような気がします。

人はだれかといっしょにいたいがホンネです。そこから目を背けることはぜったいできないのです。

だから素直に、自分と友達になってくれてありがとう。

自分と結婚してくれてありがとう。

|

« サラサラのニオイのない良い汗 | トップページ | 名古屋 首凝り整体は究極のリラクゼーション »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事