« 名古屋で美容整体 スッキリ小顔は首の矯正がポイント | トップページ | 12月1.2日JIRO整体東京出張予約受付 »

2012年11月 9日 (金)

42歳の岩石太子さんがボクの手を包み込む

私は月に1~2回、いつもの喫茶店に行く。

その喫茶店でいつもの決まったテーブルに座ると、気持ちが落ち着くので、集中して思索にふけりたいとき利用している。

よく利用しているけど、思索のためなので店員さんに馴染みの客として話しかけられたくないということもあり、いつもうつむきかげんで視線を合わせず店に入る。

その店に岩石太子さんは働いている。

お笑い芸人の岩尾(フットボールアワー)と、元女子プロレスのアジャコングを足して割ったような顔で、体型はがっちりして太め。
性格は明るく極めて前向き。年齢はたぶん私と同じで42歳。いつもお店の制服姿。
スカートの丈がちょっと短いのが気になる。

私がその店で支払いをするときは、他に店員が3名いるのに決まって岩石さんがレジに立っている。

岩石さんはいつもニコニコとステキな笑みで、可愛らしいしぐさ代表のようなしぐさで首をちょっと斜めに傾けながらお釣りを渡す。

そのとき決まって私の手を両手で包んでくれる。

手を触れられた感触が、ムニュッとしていて生温かく、なんだかナマナマしい。後々まで残り香があるような感覚が私の手の甲に残る。

会計は先なので、これから思索にふけようとしている私は生々しいのはちょっと引いてしまうのだけど、岩石さんはいつも明るくニコニコしていて、女子高校生みたいに、「ありがとうございま~す」と語尾を上げる。

以前、私以外の客がいない時、前向きな岩石さんは接客マニュアルで挨拶の練習をしていた。

「いらっしゃいませ~」

店員仲間が、最後の「せ~」は伸ばさない方がいいかもとアドバイス。

岩石さん、「ありがとうございま~す」

店員仲間、「可愛いくていいと思う」

私は思索を中断して、「語尾を上げ過ぎてないかい?」と、危うくツッコミを入れそうになった。

日に日に私の中で大きな存在となっていく岩石さん。
手をムニュって触るのはよした方がいいと思うけど、お仕事頑張ってください。

追伸 「岩石太子」は、私が勝手に付けた名前です。

|

« 名古屋で美容整体 スッキリ小顔は首の矯正がポイント | トップページ | 12月1.2日JIRO整体東京出張予約受付 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事