« 長生き自慢 | トップページ | 大人になってからの友達 »

2012年12月 9日 (日)

腕が疲労骨折するまで抱っこしてやる!

10月に生まれたばかりの子ども(娘)を抱っこしていると、知り合いから「抱き癖がつかない?」と言われることがあります。

私はそんなとき、「腕の骨が折れるまで抱いてあげるつもりです」と答えています。(笑)

私達が子どもの頃だけど、抱き癖は良くないといった考えがアメリカから入ってきたことがあるのだけど、今はあまり聞かないな。
「抱き癖」は、親が抱っこしてばかりだと疲れるし、時間のロスにもなるから、あまり抱っこしないほうがいいという理論から成りたったという話しを聞いたことがあるけど、昔のヨーロッパの貴族では子どものお世話係がいたのでその名残なのかもしれません。

しかし赤ちゃんの顔を見ていると自然と抱っこしたくなります。

赤ちゃんって無力なので大人の庇護を受けていないと生きられないから可愛いのだと本で読んだことがあります。

たぶん子どもを授かるのはこの子で最後。

そう思うと、私は腕の骨が疲労で折れてもいいから抱っこするのだ

(腕が折れたら仕事に差し支えるから、やっぱりほどほどにしときますけど。笑)

|

« 長生き自慢 | トップページ | 大人になってからの友達 »

育児」カテゴリの記事