« 体のゆがみをつくる要因今すぐチェック | トップページ | 首の後ろの筋肉が緊張して強張っているときのストレッチ方法 »

2012年12月12日 (水)

「日頃の疲れをとる」方法

運動後の疲れがとれるまで時間がかかる。日頃の疲れが抜けない。体が重い。
そのような症状が続く場合、老廃物が体に溜まっている可能性があります。

溜まった老廃物を流しやすくするために、「太もも裏の筋肉をほぐす」という方法があります。

太ももは体の中でも最大の筋肉で、日常生活や運動では主に太ももの前側ばかりが動かしています。太ももの裏側の筋肉は忘れられた状態となり、筋張った状態になります。専門用語で言えば「廃用性萎縮」。筋肉が大きい分、老廃物が溜まる量も多くなります。

筋肉の状態を感知するセンサーが老廃物などの疲労物質を感知し、その警告として「体が重い」、「疲れた」といった感覚になるのです。

そこで自分で行う「太ももの裏筋肉をほぐし方法」を紹介します。

イスに座って太ももとの間にボールを入れます。カラダの重さでボールが太ももの裏筋を圧迫する状態となります。言ってみれば「ボールで指圧」をしているのです。

ボールを当てる場所を変えながら移動し、太ももの裏の筋をほぐしていきます。

その後、太ももの裏のストレッチを行うと筋張った筋肉がほぐれ、老廃物も流れ、体の疲れが取れてきます。

また、太ももの裏をほぐすことは、腰痛対策としても効果を発揮します。

.

JIRO整体の予約は → 施術料金 

|

« 体のゆがみをつくる要因今すぐチェック | トップページ | 首の後ろの筋肉が緊張して強張っているときのストレッチ方法 »

メンテナンス方法」カテゴリの記事