« 自分にあった精神疾患の治療法の3種類 | トップページ | ストレスに強い心を作るためには »

2013年1月23日 (水)

人間の動作には無意識の理由がある

原始時代の不眠なら、夜間に獣や他の部族から襲われるかもといった恐怖心もあることでしょう。

現代人の不眠は、獣に襲われるということはないのでしょうが、仕事のことなどによるストレスが緊張感となって夜になっても眠れなくなることもあります。

呼吸が浅くなるのは、原始時代で言えば、危険が迫ってきて見つからないように身を潜めているからなのですが、現代では、職場の人間関係が原因だったりすることもあります。

「カラダに余分な力が入っている」のは、原始時代だったら筋肉を硬くして他の部族や獣に対して戦闘・逃走準備のために筋肉を硬くして準備しているからといった理由もあると思います。

現代では、こじれた夫婦関係で闘争準備に入って筋肉を硬くしているのかもしれません。(笑)

|

« 自分にあった精神疾患の治療法の3種類 | トップページ | ストレスに強い心を作るためには »

心と体」カテゴリの記事