« 首の骨がズレると脳の血流が低下。だから自律神経が乱れる | トップページ | 足の裏が痛いときは »

2013年2月 6日 (水)

女性の腰痛

女性の腰痛で疑わなくていけないことは婦人科系疾患です。

例えば生理のときには、子宮が拡張し、そこに血液が集まり、子宮自体の重さも増えます。

このとき骨盤の関節が硬くなっていると、膨張した子宮と柔軟性のない骨盤のせめぎ合いによって腰痛が起きる原因になるのです。

また出産後に骨盤が歪んだまま治まって硬くなった女性は、生理の度に腰痛になることもあります。

女性で腰痛の方は、下腹部のマッサージや骨盤を矯正してみてもいいとおもいます。

|

« 首の骨がズレると脳の血流が低下。だから自律神経が乱れる | トップページ | 足の裏が痛いときは »

腰痛」カテゴリの記事